2015-09-07

「イタリア世俗曲集」より 対訳

2015年9月7日開催、ユーフォニック合唱団定期演奏会@けやきホール プログラム掲載用

「Da cosi dotta man」「Già fu chi m'ebbe cara」「Mentre il cuculo il suo cucu cantava」の3曲の対訳

Da cosi dotta man (うるわし絵すがた)
Da cosi dotta man se' stato fatto,
Vaghissimo ritratto,
Ch'io non saprei ridir se viva sei,
O se fai dolce inganni agli occhi miei.
あなたはとてもよい腕前で描かれています。
とっても美しい肖像画
私には判りません、あなたが本当は生きているのか、
それとも私の目が甘美に騙されているのかを。

Già fu chi m'ebbe cara (恋の思い出)
Già fu chi m'ebbe cara,
e volentieri giovinetta mi prese ne le sue braccia,
e dentr'a' suoi pensieri
e de' miei occhi sì, tutto s'accese,
che 'l tempo che leggieri sen vola,
tutto in vagheggiarmi spese.
Ed io, come cortese di me lo feci degno,
ma or ne son dolente a me privata.
私を愛してくれる人がいました。
若い私をその人の腕の中に抱きしめてくれました。
その人の想いの内にとらえてくれました。
私のまなざしで、彼はすっかり燃えたち、
あっという間に飛び去ってしまう時間のすべてを
私を喜ばすことに 費やしてくれました。
そして私もやさしく 彼を大切にしてあげました。
でも今は、あの人を奪われ、私はとっても辛いのです。

Mentre il cuculo il suo cucu cantava (カッコーうたう)
Mentre il cuculo il suo, cucu cantava
Lascia dicea Amarilli
Lascia Damon tua Filli
E corri in braccio corri corri cor mio
cucu cucucu non odi?
Egli t'invita ed io.
カッコーがカッコー、カッコーとうたっている。
アマリリスは言いました。
「ダモンよ あんたのピュリスなどほっておいて
腕の中に走っておいで! 走っておいで私の心に!
カッコー、カッコーと聞こえない?
あんたと私を、カッコーが呼んでいるよ。」

0 件のコメント :

コメントを投稿