2016-05-03

ペルゴレージ 「Stabat Mater」 逐語訳・発音資料

2016年5月3日開催、女声合唱団コール・メイ定期演奏会@東京文化会館小ホール 練習配布用&プログラム掲載用
(合唱部分のみの逐語訳・発音) (スマートフォンの縦画面表示では、横幅が足りません)

Nr.1  Duet
3)
2)
1)
8)
7)
9)
6)
5)
4)
Stābat
Māter
dolōrōsa
jūxtā
crucem
lacrymōsa,
dum
pendēbat
Fīlius.
/ stáː-bat /
/ máː-ter /
/ do-loː-róː-za /
/ júːks-taː /
/ krúː-tʃem /
/ la-kri-mó:-za /
/ dum /
/ pen-dé:-bat /
/ fí:-li-us /
立っていた
聖母は
悲しんでいる
..の近くで
十字架
涙にくれて
..の時に
掛かる
息子
~ 悲しみの聖母は佇んでいた、御子の掛けられた十字架のそばで泣きながら~

Nr.2  Aria
Cujus
animam
gementem,
contristatam
et
dolentem,
pertransivit
gladius.
~ 聖母の魂は呻き、嘆き悲しむその魂を剣が貫いた。 ~

Nr.3  Duet
1)
2)
3)
4)
5)
9)
10)
7)
8)
6)
Ō,
quam
trīstis
et
afflīcta
fuit
illa
benedīcta
Māter
Ūnigenitī!
/ oː /
/ kwam /
/ tríːs-tis /
/ et /
/ af-flíːk-ta /
/ fú-it /
/ íl-la /
/ be-ne-díːk-ta /
/ máː-ter /
/ uː-ni-dʒé-ni-tiː /
あぁ!
どれほどの
悲しい
そして
痛々しい
~であった
その人
祝福された
聖母
神の一人子の
~ あぁ、何と嘆かわしく痛ましい、たった一人の御子の祝福されるべき聖母よ!

Nr.4  Aria
Quae
moerebat
et
dolebat,
Pia
Mater
cum
videbat
nati
poenas
inclyti.
~ 嘆き悲しみにくれ、聖母は名声を馳せた我が子の苦痛を見ていた。 ~

Nr.5  Duet
1)
6)
5)
4)
3)
2)
Quis
est
homō
quī
non
fleret,
/ kwis /
/ est /
/ ó-moː /
/ kwiː /
/ non /
/ flé-ret /
誰が
~である
~という
~でない
泣く




9)
8)
7)
13)
12)
10)
11)




Mātrem
Christi
vidēret
in
tantō
suppliciō?




/ máːt-rem /
/ krís-ti /
/ si /
/ vi-déː-ret /
/ in /
/ tán-toː /
/ sup-plí-tʃi-oː /




母を
キリストの
もしも
見る
~の中に
大いなる
苦悩
~ 誰か泣かざるを得ん、キリストの母の悲惨な姿を目にして? ~
1)
3)
4)
2)
Quis
non
posset
contrīstārī ,
/ kwis /
/ non /
/ pós-set /
/ kon-triːs-táː-ri /
誰が
~でない
~できる
悲しむ




8)
9)
10)
7)
6)
5)




Christi
Mātrem
contemplārī
dolentem
cum
Fīliō?




/ krís-ti /
/ máːt-rem /
/ kon-tem-pláː-riː /
/ do-lén-tem /
/ kum /
/ fíː-li-oː /




キリストの
母を
凝視する
嘆き苦しむ
~と共にいる
御子
~ 誰が悲しみを堪えられようか、御子の傍らで悲しむキリストの母を見て? ~
4)
3)
2)
1)
Prō
peccātis
suae
gentis
/ proː /
/ pek-káː-tis /
/ sú-eː /
/ dʒén-tis /
~の代わりに
彼ら自身
人々




11)
10)
6)
5)
7)
8)
9)




vīdit
Jēsum
in
tormentis,
et
flagellīs
subditum.




/ víː-dit /
/ jéː-zum /
/ in /
/ tor-mén-tis /
/ et /
/ fla-dʒél-liːs /
/ súb-di-tum /




見た
イエスを
~に陥っている
責め苦
そして
~が適用される
~ 人々の罪の代わりに責めを負い、鞭打たれるイエスを(聖母は)見た。~

Nr.6  Aria
Vidit
suum
dulcem
natum
morientem
desolatum,
cum
emisit
spiritum.
~ 聖母は愛する我が子が魂を手放しながら寂寞のうちに死ぬのを見た。 ~

Nr.7  Aria
Eja,
Mater,
fons
amoris,
me
sentire
vim
doloris
fac,
ut
tecum
lugeam.
~ おぉ聖母よ、愛の源泉よ。私にあなたと共に嘆くためにあなたの苦痛を感じさせ給え。~

Nr.8  Duet
9)
8)
7)
2)
1)
6)
5)
4)
3)
Fac,
ut
ārdeat
cor
meum
in
amandō
Christum
Deum,
/ fak /
/ ut /
/ áːr-de-at /
/ kor /
/ mé-um /
/ in /
/ a-mán-doː /
/ krís-tum /
/ dé-um /
なし給え
..するよう
燃える
私の
~の状態に
愛する
キリストを
主なる
3)
1)
2)
ut
sibi
complaceam.
/ ut /
/ si-bi /
/ kom-plá-tʃe-am /
..するように
彼に
受け入れられる
~ 私の心を主キリストへの愛で燃えつくし給え、主キリストの心に適うように。 ~

Nr.9  Duet
1)
2)
3)
4)
5)
10)
6)
8)
7)
9)
Sāncta
Māter
istud
agās,
Crucifixī
fīge
plāgās
cordī
meō
validē.
/ sáːŋk-ta /
/ máː-ter /
/ ís-tud /
/ á-gaːs /
/ kru-tʃi-fí-ksiː /
/ fíː-dʒe /
/ pláː-gaːs /
/ kór-di /
/ mé-oː /
/ vá-li-deː /
聖なる
母よ
このように
為す
十字架にかけられし人
刻みつける
私の
強く
~ 聖なる母よ、さあ、このように、十字架上の御子の傷を私の心に刻みつけ給え。~
1)
2)
3)
Tuī
Nātī
vulnerātī,
/ tú-iː /
/ ná:-tiː /
/ vul-ne-rá:-ti: /
貴方の
息子
傷の痛み



7)
8)
5)
4)
6)
9)
10)
11)



tam
dīgnātī
prō
patī,
poenas
mēcum
dīvide.



/ tam /
/ diː-ɲá-tiː /
/ proː /
/ meː /
/ pá-tiː /
/ péː-nas /
/ méː-kum /
/ díː-vi-de /



~と同じような
価値のある
~の為に
私たちの
苦められる
私もともに
分け与える
~ 傷ついた御子の苦痛を、私のために負われた責め苦を分け与え給え。~
5)
1)
2)
3)
4)
6)
7)
10)
8)
9)
Fac
vēre
tēcum
flēre,
Crucifixō
condolēre,
dōnec
ego
vīxerō.
/ fak /
/ meː /
/ véː-re /
/ téː-kum /
/ fléː-re /
/ kru-tʃi-fí-kso: /
/ kon-do-léː-re /
/ dóː-nek /
/ e-go /
/ víː-kse-roː /
..させる
私を
まことに
貴方とともに
泣く
十字架にかけられし人
ともに痛みを感じる
~の間ずっと
私が
生きている
~ 御身と共に嘆かせ給え、十字架上の御子と共に生涯苦しませ給え。~
2)
1)
4)
3)
6)
5)
9)
8)
7)
10)
Jūxtā
crucem
tēcum
stāre,
libenter
sociāre
in
planctū
dēsīderō.
/ júːks-taː /
/ krúː-tʃem /
/ téː-kum /
/ stáː-re /
/ teː /
/ li-bén-ter /
/ so-tʃi-áː-re /
/ in /
/ plán-ktuː /
/ deː-zíː-de-roː /
..の近くで
十字架の
貴方とともに
立ち尽くす
あなた
自ら進んで
共にいる
~の状態で
泣き叫ぶ
切望する
~ 十字架の傍らに佇む御身と共に一緒に泣かんが為に立ち尽くさせ給え。~
3)
2)
1)
5)
4)
8)
7)
6)
12)
9)
10)
11)
Virgō
virginum
praeclāra,
mihi
jam
non
sis
amara,
fac
me
tecum
plangere.
/ vír-goː/
/ vír-gi-num /
/ preː-kláː-ra /
/ mí-ki /
/ jam /
/ noːn /
/ siːs /
/ a-maː-ra /
/ fak /
/ meː/
/ téː-kum /
/ plán-dʒe-re /
乙女
乙女達の中の
とても美しい
私を
今は
~でない
~とする
悩ましい
..させる
私を
貴方と共に
泣き叫ぶ
~ 清らかな乙女の中の乙女よ、私を退けずに、御身と共に泣かせ給え。~

Nr.10  Aria
Fac,
ut
portem
Christi
mortem,
passionis
fac
consortem
et
plagas
recolere.
~ キリストの死を担わせ給え、キリストの受難を分かち痛みを思わせ給え。~
Fac
me
plagis
vulnerari,
cruce
hac
inebriari
ob
amorem
Filii.
~ 私にも傷を負わせ、御子のために十字架の苦しみを味わわせ給え。 ~

Nr.11  Duet
1)
2)
3)
7)
6)
4)
5)
12)
10)
9)
8)
Īnflammātus
et
accēnsus,
per
tē,
Virgō,
sim
dēfensus
in
diē
jūdiciī
/ iːn-flam-máː-tus /
/ et /
/ ak-tʃéːn-sus /
/ per /
/ teː /
/ vír-goː /
/ sim /
/ deː-fén-sus /
/ in /
/ dí-eː /
/ juː-dí-tʃi-iː /
火にかけられた
そして
焼かれた
..によって
あなた
乙女
..である
守られる
..の時に
審判
~ 燃えさかる業火のうちにも、乙女なる御身によって、審判の日に私を護り給え。~
4)
2)
1)
3)
5)
6)
7)
9)
8)
Fac
cruce
custōdīrī,
morte
Christi
praemūnīrī,
confovērī
grātia.
/ fak /
/ meː /
/ krú-tʃe /
/ kus-toː-díː-riː /
/ mór-te /
/ krís-ti /
/ preː-muː-níː-riː /
/ kon-fo-véː-riː /
/ gráː-tsi-a /
..させる
私を
十字架に
守られる
キリスト
堅く守られる
いたわられる
恩寵
~ 十字架によって私を護り給え、死せるキリストが盾となり、慈悲に囲まれて。~

Nr.12  Duet
3)
1)
2)
9)
8)
4)
7)
5)
6)
10)
Quandō
corpus 
moriētur
fac,
ut
animae 
dōnētur
Paradīsī
glōria.
Āmēn.
/ kwán-doː /
/ kór-pus /
/ mo-ri-éː-tur /
/ fak /
/ ut /
/ á-ni-meː /
/ doː-néː-tur /
/ pa-ra-díː-ziː /
/ glóː-ri-a /
/ a:-me:n /
..の時
死ぬ
なし給え
..するよう
魂に
与えられる
天国の
栄光
アーメン
~ わが体滅びるとき、わが魂には天国の栄誉が与えられますように。アーメン ~

0 件のコメント :

コメントを投稿