2014-12-14

モーツァルト 「レクイエム」 対訳

2014年12月14日開催 第26回松戸市民コンサート @森のホール21 プログラム掲載用


I. Introitus (入祭唱)
Requiem aeternam dona eis, Domine :
et lux perpetua luceat eis.
Te decet hymnus Deus in Sion,
et tibi reddetur votum in Jerusalem :
Exaudi orationem meam, ad te omnis caro veniet.
主よ、彼らに永遠の安息を与え、
絶えることのない光を彼らに照らしたまえ。
神よ、シオンで賛歌を献げるのは、御身にふさわしく、
エルサレムにて、御身への誓いは果たされん。
我が祈りを聞きたまえ、すべての人は御身のもとへ来たらん。

II. Kyrie
Kyrie eleison, Christe eleison, Kyrie eleison.
主よ憐れみたまえ、キリストよ憐れみたまえ、主よ憐れみたまえ。

III. Sequenz (続唱)
No1. Dies irae
Dies irae, dies illa, solvet saeclum in favilla :
teste David cum Sibylla.
Quantus tremor est futurus, quando judex est venturus,
cuncta stricte discussurus.
怒りの日、ダビデ王とシビラが証言せしごとく
世界を灰燼に帰す、その日。
審判者キリストが、すべてを厳しく裁きに来たりたもうとき、
人々はどれほどに恐れおののくことであろう。

No2. Tuba mirum
Tuba mirum spargens sonum per sepulchra regionum,
coget omnes ante thronum.
Mors stupebit et natura, cum resurget creatura,
judicanti responsura.
Liber scriptus proferetur, in quo totum continetur,
unde mundus judicetur.
Judex ergo cum sedebit, quidquid latet, apparebit:
Nil inultum remanebit.
Quid sum miser tunc dicturus? Quem patronum rogaturus?
Cum vix justus sit securus.
不思議なラッパの音が各地の墓に鳴り響き、
すべてのものを王座の前に集めん。
造られしものが審判者に応えるべくよみがえるとき
死と自然とは驚かん。
この世を裁くすべての事が書かれし書物が
差し出されるであろう。
審判者が座につきたもうとき、隠されしことは明るみとなり、
報いをうけぬものは、ひとつとしてない。
哀れな我らは何をか言わん? 誰をか頼らん?
正しき人さえもが不安にかられるその時に。

No3. Rex tremendae
Rex tremendae majestatis, qui salvandos salvas gratis,
Salva me, fons pietatis.
恵みをもって救われるべき者を救いたもう、恐るべき威厳の王よ。
我らを救いたまえ、慈しみの泉なる方よ。

No4. Recordare
Recordare Jesu pie, quod sum causa tuae viae:
ne me perdas illa die.
Quaerens me, sedisti lassus Redemisti crucem passus
tantus labor non sit cassus.
Juste judex ultionis, donum fac remissionis, ante diem rationis.
Ingemisco, tamquam reus: culpa rubet vultus meus:
supplicanti parce Deus.
Qui Mariam absolvisti, et latronem exaudisti,
mihi quoque spem dedisti,
Preces meae non sunt dignae:
Sed tu bonus fac benigne, Ne perenni cremer igne.
Inter oves locum praesta, et ab hoedis me sequestra,
statuens in parte dextra.
慈悲ぶかきイエスよ、我らのために来たりし事をおぼえ、
その日、我らを滅ぼしたもうことなかれ。
我らを求めて疲れて座り、十字架に堪え救いをもたらした
その苦しみを無駄にしたもうことなかれ。
正しき審判者よ、裁きの日の前に許しの恩寵を与えたまえ。
我ら、罪びとのように嘆き、恥じて顔は赤らむ。
神よ、慈悲を与えたまえ。
汝はマグラダのマリアを許し、盗人の願いも聞きいれ、
我らに希望を与えたもう。
我らの望みは、我らにふさわしからずとも
恵みをもって、我らを劫火の縁から救いたまえ。
我らを羊の群れの中にいれ、山羊の群れからはひきはなし、
御身の右に立たしめたまえ。

No5. Confutatis
Confutatis maledictis, flammis acribus addictis.
Voca me cum benedictis.
Oro supplex et acclinis, cor contritum quasi cinis :
Gere curam mei finis.
呪われし者たちが口を封じられ、激しき炎に落とされる時、
祝されし者たちとともに、我らを呼びたまえ。
灰のように砕かれし心もて、我らは哀願し、ひれふして祈らん。
我ら最期の不安を引き受けたまえ。

No6. Lacrimosa
Lacrimosa dies illa, qua resurget ex favilla
judicandus homo reus :
Huic ergo parce Deus.
Pie Jesu Domine, dona eis requiem. Amen.
人が裁かれるために灰の中からよみがえる、その日は、
涙あふれる日。
それゆえ神よ、この者を惜しみたまえ。
慈悲深き主なるイエスよ、彼らに安息を与えたまえ。アーメン。

IV. Offertorium (奉献唱)
No1. Domine Jesu Christe
Domine Jesu Christe, Rex gloriae,
libera animas omnium fidelium defunctorum
de poenis inferni, et de profundo lacu :
libera eas de ore leonis,
ne absorbeat eas tartarus, ne cadant in obscurum:
sed signifer sanctus Michael
repraesentet eas in lucem sanctam :
Quam olim Abrahae promisisti, et semini ejus.
主イエス・キリストよ、栄光の王よ。
全ての世を去った信徒たちの魂を、地獄の罰と深い淵より
解き放ちたまえ。
彼らの魂を獅子の口から解き放ちたまえ。
彼らの魂を冥府が飲み込まぬように、闇の中に陥らぬように。
旗手なる聖ミカエルが、彼らの魂を聖なる光のうちへ
導かんれんことを。
かつて御身がアブラハムとその子孫に約束されしごとく。

No2. Hostias
Hostias et preces tibi Domine laudis offerimus :
tu suscipe pro animabus illis,
quarum hodie memoriam facimus :
fac eas, Domine, de morte transire ad vitam.
Quam olim Abrahae promisisti, et semini ejus.
主よ、我らは賛美のいけにえと祈りとを御身に献げん。
今日、我らが記念する人々の魂のために受け入れたまえ。

主よ、その魂を死から生へと移らせたまえ。
かつて御身がアブラハムとその子孫に約束されしごとく。

V. Sanctus
Sanctus, sanctus, sanctus Dominus Deus Sabaoth.
Pleni sunt caeli et terra gloria tua.
Osanna in excelsis.
聖なるかな、聖なるかな、万軍の主なる神は、聖なるかな。
天地は御身の栄光に満てり。
天のいと高きところにホザンナ(万歳)

VI. Benedictus
Benedictus qui venit in nomine Domini.
Osanna in excelsis.
主の名において来たりし人は、祝福されしもの。
天のいと高きところにホザンナ(万歳)

VII. Agnus Dei
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi :
dona eis requiem sempiternam.
世の中の罪を取りさりたもう神の子羊(=)よ、
彼らに永遠の安息を与えたまえ。

VIII. Communio (聖体拝領唱)
Lux aeterna luceat eis, Domine :
cum sanctis tuis in aeternum, quia pius es.
主よ、永遠の光を彼らに照らしたまえ、
御身の聖人らと共に永遠に慈悲深くいましたもう。

0 件のコメント :

コメントを投稿