2015-05-16

ヴェルディ 「レクイエム」 逐語訳・発音資料

2015年 松戸市民コンサート合唱団配布資料(合唱部分のみの逐語訳・発音) (スマートフォンの縦画面表示では、横幅が足りません)

Nr.1  Requiem P.16~) 合唱 + 四重唱
4)
3)
5)
2)
1)

6)
8)
7)
10)
9)
Requiem
aeternam
dōnā
eīs,
Domine ;

et
lūx
perpetua
lūceat
eīs.
/ ré-kwi-em /
/ eː-tér-nam /
/ dóː-naː /
/ é-iːs /
/ dó-mi-ne /

/ et /
/ luːks /
/ per-pé-tu-a /
/ lúː-tʃe-at /
/ é-iːs /
安息を
永遠の
与えたまえ
彼らに
主よ

そして
光が
絶えることのない
照らすように
彼らを
~ 主よ、彼らに永遠の安息を与え、絶えることのない光をかれらに照らたまえ。 ~

4)
6)
5)
1)
3)
2)
decet
hymnus,
Deus,
in
Sīon;
/ teː /
/ dé-tʃet /
/ ím-nus /
/ Dé-us /
/ in /
/ síː-on /
あなたに
ふさわさしい
賛美は
神よ
~において
シオン
~ 神よ、シオンで賛歌を献げるのは、御身にふさわしく、



7)
10)
12)
11)
9)
8)


et
tibi
reddētur
vōtum
in
Jerūsalem:


/ et /
/ tí-bi /
/ red-déː-tur /
/ vóː-tum /
/ in /
/ je-rúː-za-lem /


そして
あなたのために
果たされるだろう
誓いが
~において
エルサレム
~ エルサレムにて、御身への誓いは果たされん。 ~

3)
2)
1)

7)
6)
4)
5)
8)
exaudī
ōrātiōnem
meam,

ad
omnis
carō
veniet.
/ eks-áu-diː /
/ oː-raː-tsi-óː-nem /
/ mé-am /

/ ad /
/ teː /
/ óm-nis /
/ ká-roː /
/ vé-ni-et /
聞きたまえ
祈りを
私の

あなた
すべての
肉は
来るだろう
~ 我が祈りを聞きたまえ、すべての人(=肉なるもの)は御身のもとへ来たらん。 ~

1)
2)
         


1)
2)



1)
2)
Kyrie
eleison,
    


Christe
eleison,



Kyrie
eleison.
/ Kí-ri-e /
/ e-lé-i-son /
    


/ krís-te /
/ e-lé-i-son /



/ Kí-ri-e /
/ e-lé-i-son /
主よ
憐れみたまえ
    


キリストよ
憐れみたまえ



主よ
憐れみたまえ
~ 主よ、憐れみたまえ。キリストよ、憐れみたまえ。主よ、憐れみたまえ。 ~

Nr.2  Dies Irae (Sequentia (続唱)) P.32~)
1). Dies irae 合唱
2)
1)
12)
11)

10)
7)
9)
8)
Diēs
īrae,
diēs
illa,

Solvet
saeclum
in
favilla ,
/ dí-eːs /
/ íː-reː /
/ dí-eːs /
/ íl-la /

/ sól-vet /
/ séːk-lum /
/ in /
/ fa-víl-la /
怒りの
日は
その

破壊する
世界を
~へと
灰燼










6)
3)
4)
5)










teste
Dāvīd
cum
Sibylla.










/ tés-te /
/ dáː-viːd /
/ kum /
/ si-bíl-la /










証人として
ダビデを
共に
シビラと
~ 怒りの日、ダビデ王とシビラが証言したように世界を灰燼に帰す、その日。 ~

7)
8)
9)

6)
1)
5)
Quantus
tremor
est
futūrus,

quandō
jūdex
est
ventūrus,
/ kwán-tus /
/ tré-mor /
/ est /
/ fu-túː-rus /

/ kwán-doː /
/ júː-deks /
/ est /
/ ven-túː-rus /
どれほどの
おののきが
あるだろうか

~の時に
裁く者が
訪れるだろう




2)
3)
4)




cūncta
stricte
discussūrus.




/ kúːn-kta /
/ strík-te /
/ dis-kus-súː-rus /




すべてを
厳しく
裁こうとして
~ 審判者キリストが、すべてを厳しく裁きに来られる時、人々はどれほどに恐れおののくことだろう。 ~

2). Tuba mirum (116小節~) 合唱 + バス独唱
2)
1)
7)
3)
6)
5)
4)
Tuba
mīrum
spargens
sonum
per
sepulchra
regiōnum,
/ tú-ba /
/ míː-rum /
/ spár-dʒens /
/ só-num /
/ per /
/ se-púl-kra /
/ re-dʒi-óː-num /
ラッパの
不思議な
鳴り響く
音が
の上に
各地の


11)
8)
10)
9)


cōget
omnēs
ante
thronum.


/ kóː-dʒet /
/ óm-neːs /
/ án-te /
/ tró-num /


集められよう
すべての人は
~のもとに
王座の
~ 不思議なラッパの音が各地の墓に鳴り響き、すべてのものを王座の前に集めん。~
   (以下、バス独唱)

3). Liber scriptus (162小節~) メゾソプラノ独唱
   (途中と最後に、Dies irae 合唱)

4). Quid sum miser (270小節~) ソプラノ・メゾソプラノ・テノール三重唱

5). Rex tremendae (332小節~) 合唱 + 四重唱
7)
5)
6)

4)
1)
3)
2)
Rēx
tremendae
mājestātis,

quī
salvandōs
salvās
grātīs,
/ reːks /
/ tre-mén-deː /
/ maː-jes-táː-tis /

/ kwiː /
/ sal-ván-doːs /
/ sál-vaːs /
/ gráː-tiːs /
王よ
恐るべき
栄光の

~ところの
救われるべき者を
救う
恵みによって
~ 救われるべき者を恵みをもって救いたまう、恐るべき威厳の王よ、 ~

2)
1)
4)
3)
Salva
mē,
fōns
pietātis.
/ sál-va /
/ meː /
/ foːns /
/ pi-e-táː-tis /
救いたまえ
私を
泉よ
慈悲の
~ 私を救いたまえ、いつくしみの泉なる方よ。 ~

6). Recordare (383小節~) ソプラノ・メゾソプラノ二重唱

7). Ingemisco (447小節~) テノール独唱

8). Confutatis (503小節~) バス独唱
   (合唱ː Dies irare (573小節~) )

9). Lacrimosa (624小節~) 合唱 + 四重唱
10)
9)
8)

7)
6)
5)
4)
Lacrimōsa
diēs
illa,

quā
resurget
ex
favīlla
/ la-kri-móː-za /
/ di-eːs /
/ il-la /

/ kwaː /
/ re-zúr-dʒet /
/ eks /
/ fa-víːl-la /
涙あふれる
その

~のとき
よみがえる
より









3)
1)
2)









jūdicandus
homō
reus :









/ juː-di-kán-dus /
/ ó-moː /
/ ré-us /









裁かれるため
人が
被告人として
~ 人が裁かれるために灰の中からよみがえるその日は、涙あふれる日。 ~

3)
1)
4)
2)
Hūic
ergō
parce
Deus.
/ úː-ik /
/ ér-goː /
/ pár-tʃe /
/ dé-us /
この者を
それゆえ
惜しみたまえ
神よ
~ それゆえ神よ、この者を惜しみたまえ。 ~

1)
3)
2)

6)
4)
5)

7)
Pie
Jēsu
Domine,

dōnā
eīs
requiem.

Āmēn.
/ pí-e /
/ jéː-zu /
/ dó-mi-ne /

/ dóː-naː /
/ é-iːs /
/ ré-kwi-em /

/ aː-meːn /
慈悲深い
イエスよ
主よ

与えたまえ
彼らに
安息を

アーメン
~ 慈悲深き主なるイエスよ、彼らに安息を与えたまえ。アーメン。 ~

Nr.3  Offertorium (奉献唱P.91~)四重唱


Nr.4  Sanctus P.107~) 二重合唱
1)
2)
3)
4)
5)
3)
Sanctus,
sanctus,
sanctus
Dominus
Deus
Sabaōth.
/ sáŋk-tus /
/ sáŋk-tus /
/ sáŋk-tus /
/ dó-mi-nus /
/ dé-us /
/ sá-ba-oːt /
神聖である
神聖である
神聖である
万軍の
~ 聖なるかな、聖なるかな、万軍の主たる神は聖なるかな。 ~

6)
7)
1)
2)
3)
5)
4)


3)
2)
1)
Plēnī
sunt
caelī
et
terra
glōriā
tuā.


Hosanna
in
excelsīs.
/ pléː-niː /
/ sunt /
/ tʃéː-liː/
/ et /
/ tér-ra /
/ glóː-ri-aː /
/ tú-aː /


/ o-zán-na /
/ in /
/ ek-ʃél-siːs /
満ちている
~である
天は
そして
地は
栄光で
あなたの


ホザンナ(万歳)
~において
非常に高いところ
~ 天地はあなたの栄光で満ちている。~  ~天のいと高きところにホザンナ(万歳)。~

6)
5)
4)
3)
2)
1)


3)
2)
1)
Benedictus
quī
venit
in
nōmine
Dominī


Hosanna
in
excelsīs.
/ be-ne-dík-tus /
/ kwiː /
/ vé-nit /
/ in /
/ nóː-mi-ne /
/ dó-mi-niː /


/ o-zán-na /
/ in /
/ ek-ʃél-siːs /
祝福された
その人は
来る
~において
名前
主の


ホザンナ(万歳)
~において
非常に高いところ
~ 主の名において来られたその人を、ほめ讃えよ。 ~ ~天のいと高きところにホザンナ(万歳)。~

  
Nr.5  Agnus Dei P.119~) 合唱 + ソプラノ・メゾソプラノ重唱
6)
5)
4)
3)
2)
1)

9)
7)
8)
Āgnus
Deī,
quī
tollis
peccāta
mundī :

dōnā
eīs
requiem.
/ áː-ɲus /
/ dé-iː /
/ kwiː /
/ tól-lis /
/ pek-káː-ta /
/ mún-diː /

/ dóː-naː /
/ é-iːs /
/ ré-kwi-em /
子羊
神の
その人は
取り除く
罪を
世の中の

与えたまえ
彼らに
安息を
~ 世の中の罪を取りさりたもう神の子羊(=)よ、彼らに安息を与えたまえ。 

6)
5)
4)
3)
2)
1)

10)
7)
9)
8)
Āgnus
Deī,
Quī
tollis
peccāta
mundī :

dōnā
eīs
requiem.
sempiternam.
/ áː-ɲus /
/ dé-iː /
/ kwiː /
/ tól-lis /
/ pek-káː-ta /
/ mún-diː /

/ dóː-naː /
/ é-iːs /
/ ré-kwi-em /
/ sem-pi-tér-nam /
子羊
神の
その人は
取り除く
罪を
世の中の

与えまえ
彼らに
安息を
永遠の
~ 世の中の罪を取りさりたもう神の子羊(=)よ、彼らに永遠の安息を与えたまえ。 ~

Nr.6  Lux aeterna P.124~) メゾソプラノ・テノール・バス重唱



Nr.7  Libera me P.132~) 合唱 + ソプラノ独唱
9)
5)
1)
8)
7)
6)
4)
2)
3)
Līberā
mē,
Domine,
morte
aeterna,
in
diē
illa
tremenda,
/ líː-be-raː /
/ meː /
/ dó-mi-ne /
/ deː /
/ mór-te /
/ eː-tér-na /
/ in /
/ dí-eː /
/ íl-la /
/ tre-mén-da /
開放したまえ
私を
主よ
~から
永遠の
~において
その
恐るべき
~ 主よ、その恐るべき日に、私を永遠の死から解き放ちたまえ。 ~

6)
1)
4)
5)
2)
3)
quandō
coelī
movendī
sunt
et
terra.
/ kwán-doː /
/ tʃé-liː /
/ mo-vén-diː /
/ sunt /
/ et /
/ tér-ra /
~の時
天は
揺れ動くこと
~である
~と
地が
~ 天と地が揺れ動くその日に ~

6)
5)
4)
3)
2)
1)
Dum
vēneris
jūdicāre
saeculum
per
īgnem.
/ dum /
/ véː-ne-ris /
/ juː-di-káː-re /
/ séː-ku-lum /
/ per /
/ íː-ɲem /
~の時に
来るだろう
裁くために
この世を
~をもって
火を
~ 火を持って、あなたがこの世を裁くために来られるその日に。 ~

2)
3)
1)
4)
5)
Tremens
factus
sum
ego
et
timeō,
/ tré-mens /
/ fák-tus /
/ sum /
/ é-go /
/ et /
/ tí-me-oː /
震える
~された
私は
そして
おののく
~ 私は震えさせられ、そしておののきます ~

6)
2)
1)
3)
4)
5)
dum
discussiō
vēnerit
atque
ventūra
īra.
/ dum /
/ dis-kús-sioː /
/ véː-ne-rit /
/ át-kwe /
/ ven-túː-ra /
/ íː-ra /
~の時に
裁きが
来るだろう
さらに
来るであろう
怒りの
~ 来たるべき裁き、そして来たるべき怒りの時に ~

2)
1)
7)
6)
3)
4)
5)
Diēs
īrae,
diēs
illa,
calamitātis
et
miseriae,
/ dí-eːs /
/ íː-reː /
/ dí-eːs /
/ íl-la /
/ ka-la-mi-táː-tis /
/ et /
/ mi-zé-ri-eː /
怒りの
日は
その
災い
悲しみ



12)
9)
10)
11)
8)


diēs
māgna
et
amāra
valdē,


/ dí-eːs /
/ maːɲa /
/ et /
/ a-máː-ra /
/ vál-deː /


大いなる
そして
嘆きの
とても
~ 怒りの日、災いと悲しみのその日は、とても大いなる嘆きの日 ~

4)
3)
5)
2)
1)

6)
8)
7)
10)
9)
Requiem
aeternam
dōnā
eīs,
Domine ;

et
lūx
perpetua
lūceat
eīs.
/ ré-kwi-em /
/ eː-tér-nam /
/ dóː-naː /
/ é-iːs /
/ dó-mi-ne /

/ et /
/ luːks /
/ per-pé-tu-a /
/ lúː-tʃe-at /
/ é-iːs /
安息を
永遠の
与えたまえ
彼らに
主よ

そして
光が
絶えることのない
照らすように
彼らを
~ 主よ、彼らに永遠の安息を与え、絶えることのない光をかれらに照らたまえ。 ~


0 件のコメント :

コメントを投稿